転職完全ガイド-おすすめ転職サイトはこちら

*

転職活動に必要な期間は?

   

 転職を考えている人にとって気になるのは、“転職先が内定するまで他の人たちはどのくらいの期間がかかっているのだろうか?”という点です。各種調査を総合すると、「3か月以内」という回答がどの年代も過半数を占めていると言われます。

 しかしこれは個人差があるでしょう。自宅のパソコンで求人サイトを見ているだけでも“転職活動”に含めると、もっと長期化しそうです。年代順にみると、「3か月以内に内定した人」の割合は、20代で90%、30代で80%、40代で60%、50代で30%という結果が出ています。

「3か月以内に内定する!」という目標設定を

 一般的に年齢が高くなればなるほど、自分のキャリアに合致した職場を探すのが大変になってきます。年齢が高いとそれ相応の年収やポジションも重要です。ですから転職活動期間が長期化する傾向は否めませんが、それでも50代で30%前後の転職希望者が3か月以内に転職先を決めているとは驚きです。

 職種別でも早期に内定しやすい会社とそうでない会社が別れます。SEとかエンジニア系や事務系、営業職はそれぞれ70%から80%の転職希望者が3か月以内に転職を果たしているそうです。

すぐに内定する人の特徴とは?

 自分が転職する理由をよく理解している人は内定が早いと言われます。自身の転職市場価値を熟知していて、向上したいという気持ちが強い人と採用担当は一緒に働きたいと考えるのでしょう。

 業界動向についてつねに最新情報をよく知っていて、他人とコミュニケーションをきちんととることができて、前向きな人です。こういう人材であれば、自分が働く時に重視する優先項目をきちんと伝えられるので面接でも盛り上がるでしょう。

 - 転職活動を始める前の準備

  関連記事

no image
転職で戦うために必要な企業研究

転職は企業研究で相手を知ってから  相手を知らずに戦うなんて無謀過ぎます。転職で …

no image
転職するために必要不可欠な活動計画

やるべきことと、その内容を確認  転職の活動計画を立てる時、やるべきことを確認す …

no image
転職する人の目的について考えてみる

建前でなく本音の目的  転職の目的を、建前で整理しようとする人がいます。本当にそ …

転職活動は在職中にスタートしよう!

在職中に転職活動を行うメリットとデメリット  あなたが自分のキャリアにプラスにな …