転職完全ガイド-おすすめ転職サイトはこちら

*

転職活動は在職中にスタートしよう!

   

在職中に転職活動を行うメリットとデメリット

 あなたが自分のキャリアにプラスになる転職を果たしたいと考えているなら、在職中に活動をスタートすることをおすすめします。それは、在職中に活動をスタートすると、履歴書や職務経歴書などのブランク欄がないため、書類選考に通過しやすい現実があるからです。

 また、生活費や転職活動費の心配をしなくてよい、経済的基盤がある方が、求人探しや内定諾否を冷静にジャッジすることができます。さらに、現職と応募企業を比較することで、自分が大事にしている仕事への志向性や職場環境などを見極める、基準を持つこともできることも、メリットの一つといえるでしょう。

 デメリットとしては、求人探しや企業研究、応募書類の作成などに十分に時間を割くことができないことがあげられますが、それも転職サイトや転職エージェントを上手に活用することで、解決できるはずです。退職スケジュールにだけ注意しておけば、大きなトラブルに発展することはないでしょう。

退職してからの活動を勧めない理由

 転職活動に集中するためには、退職後の方が良いのではないかと考えるひとも少なくありません。応募可能な求人が多数ある20~30代、キャリアチェンジのためにスキルや資格を習得しようとしている転職者であれば、そういった選択もあるでしょう。

 ですが、退職してから日数が経つにつれ、履歴書や職務経歴書のブランク欄が長くなり、その結果、書類選考に通過しにくくなり、レベルダウンの転職を余儀なくされるひとが多いのも現実です。自分に付加価値をつけて、キャリアアップを目指すなら、退職後より、在職中に転職活動をスタートする方が、可能性を広げられるはずです。

 - 転職活動を始める前の準備

  関連記事

no image
転職で戦うために必要な企業研究

転職は企業研究で相手を知ってから  相手を知らずに戦うなんて無謀過ぎます。転職で …

no image
転職する人の目的について考えてみる

建前でなく本音の目的  転職の目的を、建前で整理しようとする人がいます。本当にそ …

転職活動に必要な期間は?

 転職を考えている人にとって気になるのは、“転職先が内定するまで他の人たちはどの …

no image
転職するために必要不可欠な活動計画

やるべきことと、その内容を確認  転職の活動計画を立てる時、やるべきことを確認す …