転職完全ガイド-おすすめ転職サイトはこちら

*

退職時に有給を消化するのは有り?

   

退職時に有給休暇は消化できる?

 世界的に見て、日本は有給休暇の消化率が非常に低い国です。他の国、例えば欧米諸国であれば有給休暇による数十日のお休みを利用して海外旅行に出たり家族とのだんらんを楽しんだりすることは当然のことですが、日本人の目から見たらそれは夢のまた夢。信じられない光景に思えることでしょう。

 しかし、本当は欧米諸国のようなスタイルが正しいのであって、自分に充てられた有給休暇を消化しない日本人の方が異常なのです。いくら周りの迷惑になろうが上司に嫌がらせをされようが、有給休暇の取得は労働者に与えられた権利です。

 労働基準法によっても保証されています。有給休暇を消化したからと言って嫌味を言ってきたり、出世を阻んできたりする方がおかしいのです。それは退職時に有給休暇を得る場合でも同様です。退職前だからこそまだ消化していない分の有給休暇を消化していかなければなりません。もしそれをしない場合は後々に企業とトラブルを引き起こす場合があります。

反感を買わずに有給休暇を消化するには

 自分には正当な権利があるとは分かっていても、堂々と有給休暇を取得することに勇気を持てない人はとても多いと思います。「悪口を言われるのではないか」、「転職を邪魔されるのではないか」と不安になってしまいますよね。自分の代わりに仕事をする人に罪悪感を持つこともあるでしょう。

 このようなトラブルを避けるためには、有給休暇を取得するときの入念なスケジュールが非常に重要です。会社が繁忙期にあるときに休みを取ったり退職したりしない、関わっているプロジェクトがある場合はそれが完了したとき、あるいは引き継ぎがきちんとできてからにする、周りの社員への感謝を忘れないなど、イメージダウンのない有給消化のためのコツはたくさんあります。正当な権利を享受することへの妨害を避けるためにも、起こるべき問題を想定しその解決策を用意しておきましょう。

 - 円満退職と入社手続き

  関連記事

最後の締め、退社の挨拶

退社の挨拶のパターン  転職に伴う退社。この時には関係者やお世話になった人に挨拶 …

転職に失敗したと思ったときの対処法

失敗だと思う原因を明確にする  キャリアアップやキャリアチェンジなど、自分なりに …

印象を左右しかねない入社の挨拶

例文を自分向けにして挨拶とすること  入社のための準備として忘れてはならないこと …

気分よく転職するための円満退職

円満退職までの流れ  退職するまでの流れ、これを知らないとさまざまな面倒なことが …