転職完全ガイド-おすすめ転職サイトはこちら

*

逆質問で最後のアピールを

   

理由も添えておきたい逆質問

 逆質問について一生懸命考える転職希望者は多い。でも、考え方が少し足りない人も多々います。面接の最後のアピールする場となるわけですから、逆質問は丁寧に扱って欲しいものです。

 逆質問をする時には、必ず理由も添えておきましょう。どうしてその質問をするに至ったのか、という理由です。これを添えておくことで、質問の意図が見えやすくなり、面接官も核心の部分を答えてくれるかもしれません。

 もちろん、そうした質問の仕方自体がアピールにもなります。ただ印象を残すための質問ではなく、「本当に知りたい」と思わせられる質問に大変身するのです。勉強していることや入社への熱意も伝わるでしょう。
 

踏み込んだ質問をするために

 逆質問は、踏み込んだものの方が印象に残りやすい。的外れな踏み込み方では意味がありませんが、質問の意味が非常に大きく深いものは、とても良いアピールとなります。

 そのためにしておきたいのは、知識の蓄積です。企業研究によってこうした知識を蓄えておくことができますが、例えばその企業とライバル関係にある企業や、類似した商品を展開している企業などの知識も蓄えておくと、より厚みを持った逆質問をすることができるはずです。

 聞きたいことを最初に考え、そこからそれに関連した知識を蓄えていく形でも構いません。いずれにしても知識を持った上で逆質問を構成することが重要です。

 - 面接マナーと対策

  関連記事

転職面接で確かめておくべきこと

面接時に確認できる内容がある  転職で心配なのは、入社後にミスマッチに気づくこと …

これだけはやっておきたい面接対策

情報収集と回答の用意  転職希望者はマナーに重点を置いた面接対策をする人が多いか …

no image
マナーを知らずして面接通過は有り得ない

面接で一番に気にすべきはマナー  面接に臨む時に、最も気にしておくべきはマナーで …