転職完全ガイド-おすすめ転職サイトはこちら

*

転職希望者の履歴書で見られるポイント

   

履歴書の空欄の有無と量

 転職希望者は職務経歴書に力を入れている人が多く見受けられます。しかし、人事担当者が封筒から応募書類を出した時、職務経歴書よりも前に目にするのは履歴書です。この書類の見られるポイントを押さえておかないと、恐らく職務経歴書にまで人事の目や意識を持っていくことはできないでしょう。

 人事は一瞬で履歴書を判断することが多いと言われています。その判断基準は、履歴書の空欄の有無と量です。空欄がある、そしてそれが多い。こんな履歴書は即却下。意地でも埋めてアピールしようという意志、これが見られないとなかなかその次のステップにまでは進んでもらえないのが、リアルな書類選考の現場なのです。
 

人事が重視するのは自己表現の欄

 履歴書の各欄や項目に目を移してみると、注意して見られるポイントは、やはり自己表現が可能なところ。志望動機の類いがこれにあたります。学歴や職歴も当然気にはなるものですが、どれだけ自分を上手に表現できるかの方が人事にとっては重要。ここでもやる気や意識の高さというものがチェックされていると思っておきましょう。

 例え職歴が薄かったとしても、こうした欄で自分を表現し、そこに熱い情熱のようなものを感じることができれば、「面接で会ってみたい」と思ってもらえる可能性が出てきます。形だけに囚われず、これらの見られるポイントを意識しながら書き進めていきましょう。

 - 書類選考突破のコツ

  関連記事

no image
応募書類に悩んだ時にとりたい行動

企業や人事担当者の気持ちになってみる  履歴書・職務経歴書をチェックするのは、企 …

no image
職務経歴書作成は書き方を知ってから

職務経歴書に書く内容と書き方  職務経歴書書き方を知るには、まずその内容を知らな …