転職完全ガイド-おすすめ転職サイトはこちら

*

最後の締め、退社の挨拶

   

退社の挨拶のパターン

 転職に伴う退社。この時には関係者やお世話になった人に挨拶をしなければなりません。この関係者やお世話になった人が多ければ多いほど、挨拶というのは少々面倒な作業にはなりますが、最後の締めとしてそれぞれ丁寧に行っておきたいところです。

 退社の挨拶には、その関係者などによって幾つかのパターンがあります。適切なそれを選択するようにしましょう。関係者先へ直接出向いて行う挨拶、メールによって退社の旨を伝えると共に感謝等を表現する挨拶、そして会社内で社員に向けて行う挨拶。大きく分けると、このあたりになると思います。
 

退社の挨拶で注意しておきたいこと

 退社の挨拶には、それぞれマナーや注意点があります。関係者先へ直接出向いて行う挨拶では、業務を引き継ぐ人などと一緒に行き、これからもスムーズに取引等ができるよう配慮しなければなりません。

 メールによって退社を伝える挨拶では、文面に注意しましょう。これも相手によって表現を変えるなどの工夫が求められます。また、可能な限り一斉送信は控え、個人個人に宛てるような文面を考えた方がいいでしょう。

 会社内で社員に向けて行う挨拶では、その場の雰囲気等を掴むことが大事。状況によっては挨拶品なども用意し、お世話になった気持ちを強く表現することも求められます。

 - 円満退職と入社手続き

  関連記事

退職時に有給を消化するのは有り?

退職時に有給休暇は消化できる?  世界的に見て、日本は有給休暇の消化率が非常に低 …

転職に失敗したと思ったときの対処法

失敗だと思う原因を明確にする  キャリアアップやキャリアチェンジなど、自分なりに …

気分よく転職するための円満退職

円満退職までの流れ  退職するまでの流れ、これを知らないとさまざまな面倒なことが …

印象を左右しかねない入社の挨拶

例文を自分向けにして挨拶とすること  入社のための準備として忘れてはならないこと …