転職完全ガイド-おすすめ転職サイトはこちら

*

印象を左右しかねない入社の挨拶

   

例文を自分向けにして挨拶とすること

 入社のための準備として忘れてはならないこと、それは、入社の挨拶を考えておくことです。印象を決めかねない入社の挨拶。どうせなら良い印象で新天地でのスタートを切りたいですよね。

 入社に適した挨拶というのは、既に幾つもの例文が書籍やネット上で紹介されています。そうしたものを参考にするのはいいのですが、名前等を変えただけの、ほぼ丸暗記な挨拶で自分を紹介するのはあまり良い方法ではないかもしれません。

 そうした挨拶には心がこもらないことが多く、聞いている人にもなんとなくですが、それが伝わってしまうもの。決まり文句過ぎると、良い印象は与えないものです。例文を参考にしつつ、しかしそれを必ず自分向けにアレンジしておきましょう。
 

印象を損ねないような文面を考えておくこと

 入社の挨拶は、印象を損ねないような文面にしておくことが重要です。例えば、自信過剰な姿は印象を損ねます。ある程度の謙虚さは持っておきたいところ。しかし、逆にマイナス思考であったり、謙遜等が過ぎると、これも印象を損ねる原因となってしまうでしょう。そうならないよう、丁度良い具合の文面を考えておく必要があるのです。

 稚拙な表現を使うことも避けなければなりません。10代の若者が使うような言葉遣い、間違った日本語や敬語などは印象を損ねること必至。入社用の挨拶文を考えたら辞書等を引き、言葉や表現が間違ったものでないかくらいは確認しておきましょう。

 - 円満退職と入社手続き

  関連記事

転職に失敗したと思ったときの対処法

失敗だと思う原因を明確にする  キャリアアップやキャリアチェンジなど、自分なりに …

最後の締め、退社の挨拶

退社の挨拶のパターン  転職に伴う退社。この時には関係者やお世話になった人に挨拶 …

退職時に有給を消化するのは有り?

退職時に有給休暇は消化できる?  世界的に見て、日本は有給休暇の消化率が非常に低 …

気分よく転職するための円満退職

円満退職までの流れ  退職するまでの流れ、これを知らないとさまざまな面倒なことが …