転職完全ガイド-おすすめ転職サイトはこちら

*

おすすめ転職サイト

リクナビNEXT
nextsam
詳細
★★★★★
非公開求人を探している方うってつけのサイト

 
 

 転職者の平均年齢はおよそ28歳といわれています。全年代では20代半ばから後半期が最も転職者が多いというデータもあります。しかしこれら全てが転職してよかった、と思っているかというと決してそうではありません。

 こんな筈じゃなかった、と応募者はもちろん採用側も思うことが屡です。こうした貴重な時間の無駄遣いをしないための転職の方法を身に付けて新たな再出発を果たしましょう。
 

転職を考えたらはじめること

 まず自己分析をしてみましょう。自分が進みたいと思う職種や業界が実は単なる憧れであったり、自分自身の勘違いやスキルの誤算等が原因で、間違った転職先を探しているといった例もたくさんあります。

 そうした無駄な転職をしないためにも、まずは自己分析や適性診断をしてみることをお勧めします。人材紹介会社に登録することでそうしたシステムを利用することができます。
 

<参考記事>
転職するために必要不可欠な活動計画
転職で戦うために必要な企業研究
転職で戦うために必要な企業研究
転職活動は在職中にスタートしよう!
転職活動に必要な期間は?

 

転職サイトを活用

 求人情報は非公開求人を多く扱っている転職支援サイトや人材紹介会社から得るのが得策です。

 特に面接登録をして利用がスタートする人材紹介会社で紹介される求人情報は専任コンサルタントが勧める案件だけに採用の確率が高くなるという大きなメリットがあります。
 

<参考記事>
転職に切っても切れない求人情報媒体
転職エージェントを利用するにあたって
利点もあれば欠点もある、転職サイトのスカウト機能

 

履歴書や職務経歴書の作成ポイント

 書類選考を通過しなければ先がないだけに、履歴書や職務経歴書等の応募書類はとても大切です。人と違う、自分を魅せる、訴求力ある、採用担当者の目をひく、見易い、そして簡潔な仕上がりを目指すべきです。

 言うは易しですので、やはり人材紹介会社等で専任コンサルタントのアドバイスを受けるのが最善の方法です。
 

<参考記事>
職務経歴書作成は書き方を知ってから
転職希望者の履歴書で見られるポイント
応募書類に悩んだ時にとりたい行動

 

面接を通過するポイント

 最も気を遣い、緊張する面接試験ですが、これこそ採否を決定する最大の関門なのですから、無事に切り抜けたいと誰もが思います。

 そのコツは人材紹介会社等の専任コンサルタントの前で実践的な面接シミュレーションを体験することで、面接力が付いてきます。
 

<参考記事>
マナーを知らずして面接通過は有り得ない
逆質問で最後のアピールを
これだけはやっておきたい面接対策

 

退社と入社

 初めて転職するという人は当然退職も初めてです。これまでお世話になった取引先への挨拶は大切なイベントの一つですが、上司の了解を得てから行うようにしましょう。これも会社としての行為になりますから。

 更に引継ぎも大切な要件となります。入社準備にとしては、提出書類の確認、通勤経路や定期代の確認、実際に通勤する時間帯に通勤を体験し、どれだけの時間がかかるか検証してみることも大切です。少なくとも入社当日は遅刻したくありませんから。
 

<参考記事>
気分よく転職するための円満退職
最後の締め、退社の挨拶
印象を左右しかねない入社の挨拶
退職時に有給を消化するのは有り?
転職に失敗したと思ったときの対処法

 

公開日:
最終更新日:2016/01/22